ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いやー恐ろしい

タキシード ショッカーもどき? タキもどき

この三つを分けて考えないといけないので、タキシードって難しいです。助けてー(笑)
スポンサーサイト
  1. 2006/02/26(日) 10:46:16|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:10

追加

突っ込み所満点ですが、許してください(笑)
ハクションダイマオウ コブラファンテール

左の魚はウイーンとファンテールとレースから作られた魚です。レッドテールとは関係なくハーフタキシードを作ることが出来ます。右の魚はウイーンにファンテールメスを掛けて作られた魚です。比較のために載せています。
[追加]の続きを読む
  1. 2006/02/17(金) 20:54:17|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:17

別件ですが

只野君

がっぴーより、仕事が先に進んでしまっている方からお借りしました。このような魚を、サンプルとして作ることが出来ます。
 タキシードのダブルソードに見えます。でも作出過程にはタキシードを使ってはおりません。
[別件ですが]の続きを読む
  1. 2006/02/11(土) 20:27:03|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:14

まとめ

初日のアルビノと検定交配にダブルソードを使った以外、全て100パーセントシンガポール産でまとめてみました。
これを見て、シンガポール産をやってみたいと思った方に注意を・・・・シンガポール産は病気が怖いです。実はメデューサの初代はひどい病気持ちで、オス一匹しか残りませんでした。安定したと思って、国産を入れるとほぼ一日で駄目になってしまうような状態でした。
メスは抗体があったためか、交配出産にこぎつけました。この出産までこぎつけたのがよかったのです。生まれてすぐの稚魚を洗い、隔離飼育する事で、母子感染を防ぎ健康な系にしました。

外産は、今のところ、飼っているグッピーを、全て駄目にしてしまう可能性ある魚です。取り扱いは慎重にしましょう。
  1. 2006/02/09(木) 21:05:27|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:4

サンプルを集めて考える

ノーマルメデューサ ノーマルプラチナモザイク モザイクノーマル

メデューサ青型 プラチナモザイク青型 モザイク青型

ノーマルタイプが上側、青いタイプが下側です。見事に、両タイプが揃いました(笑)
 注意:青とはジャパンブルーが薄くなったような感じで体に青みがあることを指します。

何処に青を制御している遺伝子が居るのでしょうか?
Yに青を作る遺伝子、常に抑制遺伝子があると思います。

  1. 2006/02/08(水) 20:32:26|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:6

比較することの楽しみ。

プラチナイエロー2 三代目プラチナモザイク プラチナレッド

赤が強くなるほどプラチナの発色がはっきりしてきます。
[比較することの楽しみ。]の続きを読む
  1. 2006/02/07(火) 13:39:00|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:0

Yの変化 初心者置いてきぼり。

モザイク1 プラチナモザイク

兄弟の写真です。見事にプラチナ落ちちゃいました。でも、ただ落ちただけでなく、プラチナのあった部分が別の遺伝子に置き換わったというのが正解です。
それに、プラチナの部分だけ入れ替わるということもありません。当然それ以外の部分も置き換わっていることを考えましょう。

モザイクのほうは半タキが通常タイプに戻っています。Yの影響で半タキが一見タキシードのように見えていたのでしょう。 [Yの変化 初心者置いてきぼり。]の続きを読む
  1. 2006/02/06(月) 21:10:38|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:0

Ⅹ間の転座による遺伝子解析=難解なので読まなくても可

プラチナレッド

プラチナモザイクからモザイク落ちちゃいました。モザイクに含まれているレッドテールが表に出てきています。
モザイクの影響から離れることが出来たために、背びれが大きくなっています。
 もうひとつの可能性は、この系統のレースのⅩにレッドテールが含まれており、レースが外れたために、プラチナレッドテールになった、可能性があります。
どちらでも残る因子が同じなので、これだけの情報では、区別は出来ません。
 ここで大事なのは、レッドテールの表現が表立って見えなくても、レッドテールが抑制された形で入っているということなのです。その抑制因子が、モザイクまたはレースということです。
 また、突然新しい遺伝子ができたりはしません。隠れているだけです。組み合わせで、表現の強弱があるに過ぎません。
  1. 2006/02/05(日) 17:30:35|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:0

お気軽品種改良

今回は、Ⅹにモザイクとレースを別々に持ったメスがえられたので、Ⅹ間の転座を利用し、ひとつのⅩにモザイクとレースを持ったグッピーを作ってみます。
プラチナイエロー2 プラチナイエロー

別の親から作られた二匹です。
[お気軽品種改良]の続きを読む
  1. 2006/02/05(日) 10:48:40|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:4

ファール

かすみちゃん

孫の代で初代の体の白っぽさを受け継ぐ子供が出来ました。劣性遺伝でよいのかな?それ以外の条件も少しあるみたいだけど、まあ良しとしましょう(笑)これのメデューサタイプが初代だと思います。

色の特徴として、表層部のみが白くなって本来の色彩を白っぽくしています。特にメラニン部分まで白くするのは珍しいかも。

レッドテールでやっておけば桜色のグッピーが出来たかもしれないのに、モザイクだったから、ただの失敗作になっちゃったよー。シンガポールの人たちはこの遺伝子で、何がしたかったのでしょう??深いなー(笑)
  1. 2006/02/03(金) 19:37:20|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:0

おかえり、レース。

二代目メスモザイクレース

二代目のメス。Xはモザイクとレースのはず。
三代目 三代目プラチナモザイク

上の魚の子供。3代目。レースが戻ってきました。プラチナモザイクも半分でました。
  1. 2006/02/02(木) 12:35:16|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:0

お母さん間違えちゃった。

傍系
雑居水槽の稚児も育てていました。お母さんは1月29日の3匹のどれかです。レースメスちゃんと中に居たのね(爆)
判ったときには親はすでに死んでいました。初代とは雰囲気違うし・・しょうがないと諦めました。シンガーにもてあそばれてる感じ
  1. 2006/02/01(水) 14:50:24|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。