ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まとめ

初日のアルビノと検定交配にダブルソードを使った以外、全て100パーセントシンガポール産でまとめてみました。
これを見て、シンガポール産をやってみたいと思った方に注意を・・・・シンガポール産は病気が怖いです。実はメデューサの初代はひどい病気持ちで、オス一匹しか残りませんでした。安定したと思って、国産を入れるとほぼ一日で駄目になってしまうような状態でした。
メスは抗体があったためか、交配出産にこぎつけました。この出産までこぎつけたのがよかったのです。生まれてすぐの稚魚を洗い、隔離飼育する事で、母子感染を防ぎ健康な系にしました。

外産は、今のところ、飼っているグッピーを、全て駄目にしてしまう可能性ある魚です。取り扱いは慎重にしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/09(木) 21:05:27|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。