ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンテストにはレッドテールタキシード

ショッカー09夏1 ショッカー09夏2
今までは解析や固定など基本的なことに重きを置いて飼育してきました。
感覚的には余分な形質を削る、濃くする、安定させるに分類される仕事です。それは新しい発見や過去の確認などがとっても楽しいです。

このところ、コンテストを目標に魚を作っています。そう作っているという表現。これがまた楽しい。
作りこむ、編みこむ、組み立てる。今までとは反対側の仕事。これにはまる人が多い理由がいまさらながら理解できました。楽しいですわ。
昔コンテストにだしていた頃(トレイル以前の話)金太郎飴と言われていたレッドグラスで遊ばせてもらっていた頃のわくわく感が戻ってきたよ。

写真はプラチナショッカーの最新世代。小型化してもーた。
この魚を安定させ継続させるのが今までの仕事。これを大きくかっこよく改善したり仕上げるのが後者の仕事。両輪だよね。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/26(日) 23:57:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:6

隠れないレース

レッドテールレース2  レッドテールレース1
xレースの魚です(当然赤はX由来ではありません)。Xレースでもこれだけの赤が出せるんですね。尾びれの模様は壊滅的です。
コブラ模様に目を移すとレッドテールコブラとはまた違った模様になっています。
コブラ模様は虹色細胞で作られておりメラニンはスポット状ですね。
  1. 2009/07/14(火) 20:17:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。