ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

量産されているシンガーの解析なんて、

大きな声じゃいえませんがね。もはや量産されているということは、解析し応用するところまで達しているということなんですよね。それをこの遺伝子はあーだ こーだと解析しても量産化している相手から見れば、ばかじゃねーの 聞けばいいのに 何てことかもしれませんね。

量産されている魚の解析は、模写で絵の訓練をするようなもの。成功が約束されたようなものです。(量産=成功だから)グッピーを作るための基礎練習のようなものです。新品種や新遺伝子構成の発見に肩を並べることはありません。
ブラックレース   ブラックレース背面
以前hiwaさんに、質問されたマルチタキシードとの違いについてですが、ブラックレースのプラチナ抜けの最新型が育ってきましたので見てください。(マルチタキシードはコブラタキシードと筒井さんの黒本には出ています。)非常に良く似た魚になりました。
マルチタキシードを触ってないので、これが限界です。シンガーで模様のはっきり出るタイプは皆疑わしくなってきました(笑)
スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 20:43:39|
  2. 未分類
  3. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。