ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アクアライフ11月 シルバーブルーグラス

シルバーブルーグラス
今回の記事もイカしています(古語)
オレンジグラスに言及してシルバーブルーグラスを説明しています。
シルバーの基本事項はこれで決定という内容です。すばらしい。
これで、シルバーでない魚がシルバーと似ていても、違うと説明できるようになりました。
ただオレンジという色彩は濃かったり薄かったりで肉眼的には非常にバラけてきます。
肉眼で赤に見えてもオレンジだったりする場合もあるので困ります。ただ赤がオレンジになることはないのです。

ブルーグラスとシルバーグラスの違いをよく吟味してみると
1 グラスのようには、シルバーは背びれが長くならない
2 尾びれの模様が荒くなる。
3 シルバーの発色が体躯の後半部に強く出る(もしくはレース模様が体躯に出る、いわゆる昔のレース)
4 ノーマルがレッドではなくオレンジ(黄色に傾く)
これだけの条件が揃ったスタンダードな魚が裏にいると考えると思考が楽になります。

話は飛びますが、本来のグラスは尾筒に近い部分の尾びれにはドットがほとんど出ませんでした。
これを改善するためにレースを援用することにより綺麗なドットを前面に出すことができるようになりました。
その証拠に尾びれのドットのつき方が尾びれの前半と後半では違います。

シルバーブルーグラスのように作り込んだ魚は、作者の凄みを感じさせます。



スポンサーサイト
  1. 2012/10/12(金) 15:39:07|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。