ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

富山のコンテスト

実行委員の皆様お疲れ様でした。
2005 2005 2005
体に模様に遺伝子の少ないプラチナ
とび
外産の体を大きくする遺伝子を集めている途中の表現もう一歩です。頭が大きいのです。(ここからもう一つ飛ぶと、グッピーには見えなくなります) 頭が大きいのと条が太くなるのは同じ形質の可能性があり、これで大きくすると条が折れてしまい尾びれが外産風になる危険があります。
ブルーレッドシルバー1
体にシルバーを載せるには裏にレッドテールがないと難しいので、今のきれいな透明感のあるグラスでは無理のような気がします。せめてメスに赤が乗ればいけるかも
画像 077
赤の抑制で作られているイエロータキシード、白の成分が強く色素細胞が少ない背びれは白になってしまいます。
ダブルソードタキシード細胞に依存しない赤 006
ワイルドで洗って白を少なくしたタキシード。白が減り発色を邪魔しないので模様や色が乗りやすいが、タキシードが頭側にせり出してくる。

私が話した内容はこれらの魚たちがベースになっておりますので、もし的外れな話をしてしまっていたら許してください。
今回のコンテストも為になりました。やっぱり現地がよろしいですね。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 14:18:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。