ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロングフィンの一種 胸鰭が長いやつをウイング系と呼んでいる

ウイング1  ウイング2
ロングフィンはリボンやスワローが代表的ですが、今まであまり触れらてていない胸鰭を伸ばす(だけ!)のタイプのロングフィンを紹介します。

普通の胸鰭は背びれの部分までは伸びませんので、その部分まで胸鰭だけが伸長する常染色体劣性遺伝子。
ただしメラニン細胞依存性(多分)メラニンが強いほどよく伸びる傾向があります。
以前紹介した胸鰭に色彩を乗せる遺伝子とあわせてお楽しみいただけるといいかも。

プラチナピンクは割合に簡単な構造なのでこのようなお遊びがやりやすいのも特徴です。(ちょい宣伝、笑)
新しい形質で遊ぶ場合はそれに見合った魚を用意できれば成功は約束されたようなものです、色々な魚が手に入る時代で良かったと思うこのごろです。

スポンサーサイト
  1. 2012/08/30(木) 20:42:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:9
<<アクアライフ10月号 | ホーム | アクアライフ9月号 レッドテールタキシード>>

コメント

面白い!!

失礼します。
DYのロングフィンが好きなmakeといいます。

本記事内容に強く惹かれ、差障りの無い範囲で結構ですので、ご教授頂けましたら幸いです。
尚、がっぴーさんの本記事内容と過去のブログ記事の内容の濃さから、質問のレベルに失礼があるかもしれませんが、笑ってご勘弁下さい(^^;;。

Q1.メラニン細胞依存性と考察されていますが、ホモにしても、メラニンが弱い固体では表現しない(出来ない)。ということでしょうか。
Q2.胸鰭が伸長した固体は、胸鰭の長さ形は左右対象でしょうか。
Q3.本遺伝子は、某ガルウィングの血を引くものでしょうか。
Q4.Q3がNoの場合、その起源を差障り無い範囲で教えて頂けないでしょうか。

宜しくお願いします。
  1. 2012/08/31(金) 14:31:14 |
  2. URL |
  3. make #J0/AP93I
  4. [ 編集]

気軽に書き込んでください

Q1 はい
Q2 左右対称ですが、泳ぎの悪いものは稚魚の段階で淘汰していますので、その中に非対称が居るかもしれません。
Q3 いいえ
Q4 量販店の外産グッピー たしかプラチナモザイク系からの分離だったと思います。
  1. 2012/08/31(金) 20:17:57 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

早々ご回答頂きあがとう御座います。

早々ご回答頂きあがとう御座います。
画像にあるような尾鰭を創る交配アプローチの経験は無く、なかなか気軽に書込みは(^^;;

もう一歩踏込んで宜しいでしょうか。

リボンやスワローは、基本他の遺伝子と独立し発現することが出来る遺伝子だと考えています。
対してこの胸鰭だけを伸長させる遺伝子は、(胸鰭のメラニン細胞に依存性があるということから)他の遺伝子(の組合せ)の影響を受け、発現出来る場合と出来ない場合がある。と、理解しました。

上記理解で正しいとした場合・・・。

他の遺伝子とは、胸鰭を染める遺伝子(の組合せ)ですが、その遺伝子(の組合せ)は、限定されるものでは無い。と、考察しておりますでしょうか。或いは、限定されそうだ。と、考察しておりますでしょうか。

文章が纏まらず長々申し訳ありません。
  1. 2012/09/01(土) 01:16:07 |
  2. URL |
  3. make #J0/AP93I
  4. [ 編集]

事実からの推論は必要だけど 推論からの推論は危険

判らないというか、その部分には興味がないのでやってはおりません。
  1. 2012/09/01(土) 16:37:52 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

御意(^^)

お付き合いくださりありがとう御座いました。

一連のご質問は、「胸鰭だけが伸長する常染色体劣性遺伝子。」と、独立した遺伝子としての存在を定義された点にありました。

例えるなら、ピングーとタキシード。

メラニン細胞依存性(多分)により結果が一様に出ない中、独立した常染色体劣性遺伝子として存在する。と、定義された根拠が、私の経験と知識では困難であるためです。

がっぴーさんのブログ記事は読ませて頂いて刺激がいっぱいです!!
これからも、楽しみに拝見させていただたいと思います(^^)。

ありがとう御座いました。
  1. 2012/09/02(日) 15:28:53 |
  2. URL |
  3. make #J0/AP93I
  4. [ 編集]

ご無沙汰しております!

がっぴさんお久しぶりです。
某ガルウィングの者です(笑)

長いことお会いしておりませんがお変わりありませんか?

常劣で確定なんですね。
写真だと胸鰭全体が伸張しているように見えるのですが、
リボンのように一部の軟条だけの伸張ではないのですか?
この形態で「白ウィング」「白黒ウィング」も見てみたいです(^^ゞ

しっかしこんな変態形質をあっさり外産から抽出しちゃうなんて
がっぴさんしかできない芸当ですよ♪
もっと多くの人に評価されるべきことだと私は思います。(←なにを偉そうにw)
故・筒井さんも著書で書いておられましたが、
どこぞのコンテストで優勝するより、なんちゃらを作りましたのほうが
よっぽど偉いと。私も同感です。

ここのところあまりテンションがあがらず
長い間低迷しておりましたのでとても良い刺激になりました。
感謝
  1. 2012/09/02(日) 15:57:24 |
  2. URL |
  3. Cinnamon #vAmAYXDc
  4. [ 編集]

makeさん

また、コメントしてくださいね。
続けるうちに、突然理解できる日が来ます。
そうなると、もう病み付きになりますよ(笑
  1. 2012/09/02(日) 22:57:36 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

元気に好き勝手しています。

こちらこそ、ご無沙汰しております。
この因子はメラニンが多いほどよく伸びるという不思議ちゃんなのです。そして今のところ全体が伸びています。数匹が突然現れてからの分離でしたので劣勢。プラチナピンクで性染色体は固定なのに、移植できたことで常としております。
ちなみにプラチナピンクはYショッカー型プラチナ、Xウイーン 常ピンク(仮称)という、遺伝子さえ手に入れば極簡単な構成でございます。

私にはコンテストは難しすぎます。一度でもいいから写真入賞がしてみたい。
  1. 2012/09/03(月) 08:27:14 |
  2. URL |
  3. がっぴー #-
  4. [ 編集]

あは(^^;;

また浮上した折には宜しくお願いします(笑)
  1. 2012/09/03(月) 19:46:38 |
  2. URL |
  3. make #J0/AP93I
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。