ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ショッカー登場で消えた系統。(どこかで書いた記事の焼き直しです)

プラチナモザイク極細プラチナモザイク細プラチナモザイク並グラスモザイクタキシード
すべてプラチナなのですが、右端のみタキシードです。(左3つにはタイシード部分に柄が少しあることで見分けてください)

当時タキシードグラスは存在しませんでした。そこでチャレンジ。
ワイルド系グラスをプラチナタキシードに交配して頑張った結果が右端になります。模様は細かくはならず、尾びれの色彩が薄くグラス調と。まったく予定の逆の魚になりました。この魚が一番見れますが、兄弟はひどい尾の荒れで終了となりました。(タキシードのワイルドタイプも出来ませんでした)

計画変更で、モザイクタキシードは存在できるので、モザイクの柄を細かくグラス調にして、タキシードにぶち込むことによりグラス調タキシードを狙うことにしました。
左3枚が世代ごとにモザイクの模様が細かくなっていく様子です。
左の魚ができた時に外産に今でいうショッカーが登場しました。もうやる気はなくなりました(笑 そして終了。
その後ショッカーがタキシードではないことに気が付きましたが、後の祭りでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/08(木) 18:53:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<ショッカーいろいろ | ホーム | ネオンの赤と青 2008後半>>

コメント

ショッカーもタキシードで無かったですか?自分でやっていない魚は、想像しかできないのですが、そう考えるととても納得できますし、がっぴーさんがそうおっしゃってくれたことは、すこし「つかえ」がとれた気がします(^^)
フルブラックの黒の一つと同じだと思いますか?いや、そのものかも?勿論、様々なタイプがあると思いますので、ケースバイケースかもしれませんが…
実証実験をやってみたくなりました(笑)
  1. 2015/10/12(月) 10:33:23 |
  2. URL |
  3. スー #-
  4. [ 編集]

おっしゃってとかは、やめましょうよ~

お久しぶりです。
実験をやりたくなりましたか(笑 黒系は顕微鏡での情報が乏しいので難儀をします。
また、ゆっくり話ができるといいですね。


  1. 2015/10/13(火) 15:52:32 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。