ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お茶の時間

画像 346
いきなりですが、ショッカーの説明をする前置きの話です。

本来のレッドテールには尾びれを作る力は十分ではありません。それを補うために尾びれを作る遺伝子を利用している名残がいろいろとあります。その代表が尾筒の黒です。尾びれを作る因子がないと文献でしか見られないようなフォークテールに出会うことができます。
あと、背びれ側と腹側で色彩や模様が違うのも一つの特徴ですが。品種として残っているものはそれが目立たないものが多いので、混乱されるかもしれませんが、押さえておくポイントだと思います。
画像 326
前出の尾筒のメラニンとは出方が違いますが同じものです。この青い部分(メラニンで、ノーマルなら黒ですが、ゴールデンなで青色になります)は、遺伝子構成により色々と違って見えますが、ファンテールやモザイクの半タキと同じものと思われます。

尾筒の黒をより理解するために、次回はレッドテールの尾筒の黒とレース(コブラ)を予定
スポンサーサイト
  1. 2015/12/04(金) 19:27:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<お茶の時間 | ホーム | お茶の時間>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。