ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お茶の時間

画像 588 画像 500 画像 535
写真の魚の尾には真ん中に穴がありますが裂けてはいません。尾の厚みが生かされていると思われます。
真ん中と右の魚は尾筒の黒が尾びれで悪さをしているものです。

色々なグッピーが表現を変えながら持つ尾筒の黒は、メラニンに親和性のある層を加えるという効果をもたらします。
それにより尾びれでは左右で2層分丈夫になります。また、模様構成に影響を与えます。

尾のメラニン模様の基本的なものが3つあります。
1 条に沿ってもしくは条の上に模様を作るのも(レースなど)
2 条を避けるように、その間に模様を作るもの(グラスの尾の後半部など)
3 条に影響されずに自由に模様を作るもの(モザイクなど)
これら3つの複合でグッピーの尾のメラニン模様は構成されています。

この辺が分ってくるとモザイクの模様をレースやグラスで調節する。などということがやりやすくなります。
別件ですが、ウイーンエメラルドのエメラルド色の尾筒もこの遺伝子で作られています。(モザイクのワイルドは存在しないと、言われていましたがウイーンがそれだと思っています)

ショッカーまでは長いです。しばらくお付き合いを。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/06(日) 23:29:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<お茶の時間 | ホーム | お茶の時間>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。