ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Yの変化 初心者置いてきぼり。

モザイク1 プラチナモザイク

兄弟の写真です。見事にプラチナ落ちちゃいました。でも、ただ落ちただけでなく、プラチナのあった部分が別の遺伝子に置き換わったというのが正解です。
それに、プラチナの部分だけ入れ替わるということもありません。当然それ以外の部分も置き換わっていることを考えましょう。

モザイクのほうは半タキが通常タイプに戻っています。Yの影響で半タキが一見タキシードのように見えていたのでしょう。
ファンテールモザイク

Y型ファンテールが残っているプラチナ落ちです。違い判りますか?
半タキが薄くなっていますが、タキシードの部分まできています。この系の特徴の尾びれ基部の黒い部分が大きい特徴も残しています。
 前出のモザイクはプラチナとファンテールの同時落ちでした(笑)

考え合わせると、半タキの拡大はYのファンテールとⅩのモザイクとの相加効果であり、その部分は、プラチナによりメラニンが増強される。でよいと思います。(だんだん暴走スタイルに・・・)
スポンサーサイト
  1. 2006/02/06(月) 21:10:38|
  2. 顕微鏡写真
  3. | コメント:0
<<比較することの楽しみ。 | ホーム | Ⅹ間の転座による遺伝子解析=難解なので読まなくても可>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。