ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラチナブラックレースへの道 2006後半

       2006          2006
輸入グッピーでは、すでにバリエーションというか劣化が始まっています。仕事を急がねば消えるという危機感がこのころはありましたね。(実際現時点は輸入のほうはもうだめだと思います)

この2匹は輸入魚です 左は黒と赤を強くしすぎたためにレース模様が入りません(品種としてはこちらが正しいかも)
右はプラチナ抜け。
プラチナが無くてもブラックレースが表現できるなんて思っていませんでしたので、見たときはびっくりしました。先入観って恐ろしいです。(メスのオス化は否定できていませんが、同じような個体の再生産はできたのでこれは、オスでよいかと思います)
このようにこの時期から、外産魚が安定しなくなってきています。

外産は結構オス化した雌が入ってくることがあります。気をつけましょう
スポンサーサイト
  1. 2009/09/10(木) 22:17:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<プラチナブラックレースへの道 2007年 | ホーム | プラチナブラックレースへの道 2006前半>>

コメント

このころから日本から種親を持っていったような輸入グッピーが増えたような気がします。右のような魚を手持ちの魚で作れないものかとやってみてますが、なかなかうまくいかないものですね ^^;
  1. 2009/09/11(金) 17:28:18 |
  2. URL |
  3. よこちゃん #-
  4. [ 編集]

確かに、右の魚の尾型はジャパニーズ臭いっす。シンガーの丸尾じゃ無いもの。しかしすごいところに目をつけるんですね♪
  1. 2009/09/11(金) 19:34:20 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。