ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

量産されているシンガーの解析なんて、

大きな声じゃいえませんがね。もはや量産されているということは、解析し応用するところまで達しているということなんですよね。それをこの遺伝子はあーだ こーだと解析しても量産化している相手から見れば、ばかじゃねーの 聞けばいいのに 何てことかもしれませんね。

量産されている魚の解析は、模写で絵の訓練をするようなもの。成功が約束されたようなものです。(量産=成功だから)グッピーを作るための基礎練習のようなものです。新品種や新遺伝子構成の発見に肩を並べることはありません。
ブラックレース   ブラックレース背面
以前hiwaさんに、質問されたマルチタキシードとの違いについてですが、ブラックレースのプラチナ抜けの最新型が育ってきましたので見てください。(マルチタキシードはコブラタキシードと筒井さんの黒本には出ています。)非常に良く似た魚になりました。
マルチタキシードを触ってないので、これが限界です。シンガーで模様のはっきり出るタイプは皆疑わしくなってきました(笑)
スポンサーサイト
  1. 2009/11/30(月) 20:43:39|
  2. 未分類
  3. | コメント:8
<<常染色体でタキシード | ホーム | タキシードの話>>

コメント

量産=成功。なるほど。

個人的には「量産されている魚の解析」でも、
自分で確認、そして大本営が応用していない
新たな応用方法を見出すのも改良のひとつだと思っております♪
反論でもなんでもないですが、
例え量産していても全ての応用に気づいているわけではないですからね(笑)

胸鰭以外はほんとにマルチそっくりですねw
筒井さんが「阪神」をALに載せたあとぐらいに一度電話で聞いたことがあるのですが、
マルチでもドラゴンヘッドでも、コブラタキシードとして継代されているメスとされてないメスとでは
子に及ぼす影響が違うということでした。
実際の経験でも、ドラゴンヘッドにその他のタキシードを交配して、
ドラゴンヘッド表現が出てきたこともないです。うちでは。やはり同系というのがポイントでしょうか?

グッピーはまだまだ未知数だから面白い♪
  1. 2009/12/03(木) 17:24:07 |
  2. URL |
  3. Cinnamon #vAmAYXDc
  4. [ 編集]

発見した遺伝子で何をしたか

シナモンさんたちがやられているのは、新遺伝子構成の発見の方でとてもすごいことです。ネオンの遺伝子の解析から新しいブルーグラスが誕生した事と、ほとんど同じ作業だとおもいます。スタンダード品種になるような新遺伝子構成の発見が近々シナモンさん発であるだろうと思っております。
(新遺伝子発見は採集個体やグッピーに近い魚からですよね。)
それに省みて、自分は維持するための解析から卒業できて居ませんので反省を込めてこのお題です。

マルチがXタキシードなら固定時にはメス表現が違うことになるかと思います。
オスの表現が似ているのなら、生産者としては片方でよいわけで、マルチが生き残るかこちらが生き残るかはちょっと楽しみです。

ドラゴンヘッドがブラックの親かもしれないという事もあるのね。おっかねーや。
  1. 2009/12/03(木) 19:41:50 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

ぷ、ぷれっしゃー(爆)

ドラゴンヘッドは下半身に明確なウネウネ模様は入らないですね。
入ってもライン状のものが少しウネって感じですよねw

ブラックの親かどうかわかりませんが、
あちらさんは少なくともわかってて「応用」されていることは
間違いないのではないでしょうか? ^_^

いやぁ人一人の人生じゃとても時間が足らない。
グッピーは一生卒業できないですね(笑)
  1. 2009/12/04(金) 13:46:07 |
  2. URL |
  3. Cinnamon #vAmAYXDc
  4. [ 編集]

休憩はあっても止めないでしょうね。
こつこつ、地道にやっていきましょう!
  1. 2009/12/04(金) 20:55:04 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

おつかれさまでした。

ありがとうございました。
帰りの道中考えていたのですが、
ドイツイエローが、 Yタキって もしかして今日いただいたのと同じ? 表現 遺伝??  って事?
Yタキでは無い  昔は?
今のは、 タキが 揃っているのが 多いようですが 以前は、 ノンタキの様な雌が
不思議に思ってました。
今日お話を伺っていて 帰りの道すがら思わず なるほど!! と思ったのですが
違いますかね??
  1. 2009/12/06(日) 22:25:46 |
  2. URL |
  3. hiwa #-
  4. [ 編集]

hiwaさんとは話をする前に。

昨日はありがとうございました。たいへんためになりました。

でははじめます。

タキシードは、xにあってドイツはyにもある。グラスはx遺伝子、モザイクもxなどというのは簡易法で、この簡易法が遺伝子をとっつきやすくして、改良を始めたばかりの人にもある程度の成功をさせることにより、グッピー人口の裾野を広げる大きな役割をしました。
しかしながら所詮は簡易法。それを利用することのより親より劣化するという問題が出てきました。(商売的にはおいしい)
親世代より魚がよくなる人は簡易方から卒業した人たちなんですよね。
卒業の仕方はいろいろあって、流派が違う、業が違う、基礎が違うなどということになって、案外面白いです。

多分ここからは一般論とは違う話になると思われますので。傍観者の方には非常に害になるかもしれません。(笑
hiwaさん、このようなベースで当面書いていきますのでよろしくお願いいたします。
続きは、後で書きます。
  1. 2009/12/07(月) 08:14:25 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

写真の仔をお渡ししました。

今回はプラチナ由来の下半身黒がyに残っている可能性があります。もしくは単にプラチナが発言できないだけの可能性も捨て切れません(子供にプラチナが出たら抑制だと思います)。
おっしゃられるようにyに下半身に黒があればY型タキシードの疑いが出ます。言い換えれば、ドイツのYタキとプラチナの下半身黒は同じもので、ドイツのY型タキシードはxタキシード由来ではなく、、、などと考えると面白いです。
だだ、この魚がyタキになっていればそれは、その傍証になります。(まじめな話違うかもしれません)
Yタキって皆さんが言うけど、xタキシードと同じものかもしくは転座してきた兄弟遺伝子って考えていると思いますが、性格が違いすぎると思いませんか?
  1. 2009/12/07(月) 14:19:38 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

別の角度から

今回の常染色体性ブラックはプラチナもしくはレッドテールの下半身上部の黒をより強化してタキシードのようなメラニン発現になっています。
この魚はプラチナ由来のYでレッドレールやその眷属のyではありません。もちろんXから転座してしてもxはレースなのです。
この状態で強い下半身黒を表現するのは、プラチナはレッドテール+レースの遺伝子なので単にレースが外れてレッドテールのYに戻っただけだと考えています。
  1. 2009/12/07(月) 14:29:25 |
  2. URL |
  3. がっぴ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。