ぐっぴーの微+

2015年10月からの知っていれば を読んでみてね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ショッカーのブルーのような魚の中間発表 1

ブルーショッカーの眷属? f2レース系
左の魚の子孫が右
交配は左の魚にレッドテールタキシードとの交配でF1にプラチナレッドテールタキシードとプラチナレッドテールを得ました(メス側がタキシードとレッドテールミックスだった すべて赤でブルーのものは得られませんでした)F1の非タキシードのメスともう一度交配して得られた魚のレースタイプが右の魚たちということになります。

赤尾タイプにはプラチナが無くなっています。黄色尾と赤尾はほぼ4対1の比率でした。
もし赤尾が転座によるプラチナの欠落であればこのような高確率で現れることはありません。ゆえにプラチナを抑制する劣性遺伝子がそろったと解釈するべきです。検定は別系統と交配してプラチナが現れるかですね。
プラチナが抑制されると素直に赤が表現されることからプラチナは赤の抑制傾向があると考えられます。
また今回のお魚の赤は尾筒上部にメラニンがあることからレッドテールに由来する赤でショッカーが持つ常染色体性赤ではなさそうです。

そしてもうひとつの問題、通常半数は元親と同じようなブルー体色になる予定がまったくブルーにはならない。
アイボリーっていったい何や?発色条件が厳しい魚だと考えるしかありません。

中間発表2に続く
スポンサーサイト
  1. 2011/10/08(土) 22:19:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<いい餌見っけ | ホーム | 今日は記念日>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。